The $$^{33}$$S(n, $$alpha$$)$$^{30}$$Si cross section measurement at n_TOF-EAR2 (CERN); From 0.01 eV to the resonance region
n_TOF第2実験室(CERN)における$$^{33}$$S(n, $$alpha$$)$$^{30}$$Si反応断面積の測定; 0.01eVから共鳴領域まで
Sabat$'e$-Gilarte, M.*; Praena, J.*; 原田 秀郎 ; 木村 敦; n_TOF Collaboration*; 他126名*
Sabat$'e$-Gilarte, M.*; Praena, J.*; Harada, Hideo; Kimura, Atsushi; n_TOF Collaboration*; 126 of others*
CERNのn_TOF第2実験室において、$$^{10}$$B(n,$$alpha$$)を標準断面積として用い、$$^{33}$$S(n, $$alpha$$)$$^{30}$$Si反応断面積を測定した。本実験室では初めてとなる0.01eVから100keVまでの実験データを取得し、本データより0.01eVから10keVまでの中性子断面積を導出した。本反応は、$$^{10}$$B(n, $$alpha$$)反応とともに放射線療法への利用が期待されているが、従来報告された断面積値間には大きな差異がある。本研究により導出した断面積は、信頼性ある断面積評価に反映されることが期待される。
The $$^{33}$$S(n, $$alpha$$)$$^{30}$$Si cross section measurement, using $$^{10}$$B(n,$$alpha$$) as reference, at the n_TOF. Experimental Area 2 (EAR2) facility at CERN is presented. Data from 0.01 eV to 100 keV are provided and, for the first time, the cross section is measured in the range from 0.01 eV to 10 keV. The $$^{33}$$S(n, $$alpha$$)$$^{30}$$Si reaction is of interest in medical physics because of its possible use as a cooperative target to boron in Neutron Capture Therapy (NCT).
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 146
:
ページ数 : p.08004_1 - 08004_4
発行年月 : 2017/09
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016)
開催年月 : 2016/09
開催都市 : Bruges
開催国 : Belguim
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 中性子核データ国際共同研究n\_TOFプロジェクト
 
登録番号 : BB20171277
抄録集掲載番号 : 45001188
論文投稿番号 : 19419
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This