New measurement of the $$^{242}$$Pu(n, $$gamma$$) cross section at n_TOF-EAR1 for MOX fuels; Preliminary results in the RRR
MOX燃料利用のための$$^{242}$$Pu(n, $$gamma$$)断面積の新たな測定; 中性子分離領域の暫定結果
Lerendegui-Marco, J.*; Guerrero, C.*; 原田 秀郎 ; 木村 敦; n_TOF Collaboration*; 他115名*
Lerendegui-Marco, J.*; Guerrero, C.*; Harada, Hideo; Kimura, Atsushi; n_TOF Collaboration*; 115 of others*
軽水炉及び高速炉でのMOX燃料利用にあたり、高精度の中性子捕獲断面積及び核分裂断面積が必要とされており、NEAの専門家会合WPEC-26の報告書によれば、特に$$^{242}$$Puの中性子捕獲断面積について、500eVから500keVのエネルギー領域に対して7$$sim$$12%の精度が必要とされている。しかしながら、keV領域の測定値としては、不確かさが約35%と大きな1970年代のデータしかこの40年間存在しなかった。本論文では、n_TOF施設の第1実験室において測定実験を実施し、取得したデータを解析して得られた個々の中性子共鳴パラメータ及びその平均値について暫定結果を示す。
The use of MOX fuels in thermal and fast reactors requires accurate capture and fission cross sections. For the particular case of $$^{242}$$Pu, the previous neutron capture cross section measurements were made in the 70's, providing an uncertainty of about 35% in the keV region. NEA WPEC-26 reports that the capture cross section of $$^{242}$$ Pu should be measured with an accuracy of at least 7-12% in the neutron energy range between 500 eV and 500 keV. This work presents a brief description of the measurement performed at n_TOF-EAR1, the data reduction process and the first ToF capture measurement on this isotope in the last 40 years, providing preliminary individual resonance parameters, as well as a preliminary set of average resonance parameters.
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 146
:
ページ数 : p.11045_1 - 11045_4
発行年月 : 2017/09
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016)
開催年月 : 2016/09
開催都市 : Bruges
開催国 : Belguim
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : n\_TOF国際共同研究
 
登録番号 : BB20171261
抄録集掲載番号 : 45001193
論文投稿番号 : 19424
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This