The Measurement programme at the neutron time-of-flight facility n_TOF at CERN
CERNのn_TOF中性子飛行時間測定施設における測定活動について
Gunsing, F.*; Aberle, O.*; 原田 秀郎 ; 木村 敦; n_TOF Collaboration*; 他147名*
Gunsing, F.*; Aberle, O.*; Harada, Hideo; Kimura, Atsushi; n_TOF Collaboration*; 147 of others*
CERNのn_TOF中性子飛行時間測定施設は、2001年の事業開始以来、数多くの実験データ取得に利用されてきた。長期に渡り利用された中性子飛行距離185mの第1実験室に加え、2014年からは中性子飛行距離20mの第2実験室が利用可能となり、施設の測定能力が大幅に向上した。n_TOF施設における核データ測定研究活動について総括的に報告する。
CERN's neutron time-of-flight facility n_TOF has produced a considerable amount of experimental data since it has become fully operational with the start of its scientific measurement programme in 2001. While for a long period a single measurement station (EAR1) located at 185 m from the neutron production target was available, the construction of a second beam line at 20 m (EAR2) in 2014 has substantially increased the measurement capabilities of the facility. An outline of the experimental nuclear data activities at n_TOF is presented.
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 146
:
ページ数 : p.11002_1 - 11002_6
発行年月 : 2017/09
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016)
開催年月 : 2016/09
開催都市 : Bruges
開催国 : Belguim
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : n\_TOF国際共同研究
 
登録番号 : BB20171278
抄録集掲載番号 : 45001189
論文投稿番号 : 19420
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This