検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

平成28年度楢葉遠隔技術開発センター年報

Annual report for FY2016 on the activities of Naraha Remote Technology Development Center

福島研究開発部門 福島研究開発拠点 楢葉遠隔技術開発センター

Naraha Center for Remote Control Technology Development, Fukushima Research Insitute

楢葉遠隔技術開発センターは、試験棟と研究管理棟から構成され、東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所(1F)の事故後の廃炉作業に向けて必要となる各種試験設備が設置されている。廃炉作業に携わる企業や研究開発機関、教育機関など幅広い利用者がこれらの試験設備を用いて遠隔操作ロボットの特性把握や性能評価を通じてロボット開発など効率的にできるほか、多くの企業が一堂に会して展示会、廃止措置に係る有識者の会議開催など様々な利用ができる拠点として、平成28年4月より本格的な運用を開始した。平成28年度の施設利用件数は38件である。また、建設当時から多くの方々の関心を集め、平成28年度には4,212名の視察・見学者を受け入れた。今後も引き続き幅広い分野での利用を受け入れるとともに、利用者のニーズを的確に反映した試験設備の拡充を進めて利用促進を図り、1Fの廃止措置及び福島復興における遠隔技術の研究開発拠点として展開してゆく。本報告は、当センターにおいて平成28年度に実施した遠隔技術開発、緊急時対応遠隔機材の整備と訓練、要素試験エリア等の利用状況などの活動状況についてまとめたものである。

The Naraha Remote Technology Development Center (Naraha Center) consists of a mock-up test building and a research management building, and various test facilities necessary for the decommissioning work after the accident of TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Station are installed. Using these test facilities, a wide range of users, such as companies engaged in decommissioning work, research and development institutions, educational institutions, etc., can efficiently develop robots through characterization and performance evaluation of remote-controlled robots. Furthermore, it is possible to make various uses such as exhibitions that many companies have met together, experts' meetings on decommissioning. This report summarizes the activities of the Naraha Center such as development of remote control technologies, maintenance and training of remote control equipment for emergency response, use of component test areas, and so on in FY2016.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.