検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

粒子・重イオン輸送計算コードPHITS version 3.02の特徴

Features of Particle and Heavy Ion Transport code System PHITS version 3.02

佐藤 達彦; 岩元 洋介; 橋本 慎太郎; 小川 達彦; 古田 琢哉; 安部 晋一郎; 甲斐 健師; Tsai, P.-E.; 松田 規宏; 岩瀬 広*; 執行 信寛*; 仁井田 浩二*

Sato, Tatsuhiko; Iwamoto, Yosuke; Hashimoto, Shintaro; Ogawa, Tatsuhiko; Furuta, Takuya; Abe, Shinichiro; Kai, Takeshi; Tsai, P.-E.; Matsuda, Norihiro; Iwase, Hiroshi*; Shigyo, Nobuhiro*; Niita, Koji*

PHITSとは、原子力機構が中心となり国内外複数の研究機関と協力して開発を進めている汎用モンテカルロ放射線輸送計算コードであり、あらゆる物質中での様々な放射線挙動を模擬することができる。おおよそ年1回の頻度で更新しており、現在の最新版は、2017年12月に公開されたVersion 3.02である。PHITS ver.2.88(2016年9月公開)からの主な改良点は、(1)JAMQMDの開発と改良による核反応シミュレーション上限エネルギーの拡張、(2)飛跡構造解析モードの導入による電子・陽電子挙動解析の下限エネルギーの拡張(ただし、現在は液体の水のみ対応しており、それ以外の物質に対しては電子密度で断面積をスケーリング)、(3)EGS5モードにおける電磁場考慮機能の追加、(4)RI線源機能の$$alpha$$$$beta$$崩壊への対応などである。本発表では、その最新版の特徴を紹介する。

We have upgraded many features of the Particle and Heavy Ion Transport code System (PHITS) and released the new version as PHITS3.02. Some important features of the new version in comparison to the previous version (ver. 2.88) will be presented at the meeting.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.