検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

幌延深地層研究計画における稚内層中の割れ目帯を対象とした物質移行試験; ボーリング調査および物質移行試験データ集

Data of tracer migration test and borehole investigations for fracture zone in the Wakkanai formation at Horonobe Underground Research Laboratory

對馬 正人*; 武田 匡樹; 大野 宏和

Tsushima, Masahito*; Takeda, Masaki; Ono, Hirokazu

日本原子力研究開発機構は、北海道幌延町において、深地層の研究施設を活用した地層科学研究および地層処分研究開発を実施しており、このうち地層処分研究開発の一環として、泥岩中に分布する割れ目や岩石マトリクスを対象とした原位置トレーサー試験を実施している。本報告では、割れ目帯を対象に実施した原位置トレーサー試験とトレーサー試験に関わるボーリング調査結果の取りまとめを行った。

Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has been conducting "geoscientific study" and "research and development on geological disposal" in the Horonobe Underground Research Laboratory (URL). In-situ tracer migration test for fracture and matrix in the argillaceous rock, called for Wakkanai formation, has been conducted in the Horonobe URL project. This report summarizes data of borehole investigations and tracer migration test for fracture zone.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.