検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Measurement of ambient dose equivalent rates by walk survey around Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant using KURAMA-II until 2016

KURAMA-IIを用いた福島第一原子力発電所周辺の歩行サーベイによる2016年までの空間線量率の測定

安藤 真樹; 山本 英明*; 菅野 隆*; 斎藤 公明

Ando, Masaki; Yamamoto, Hideaki*; Kanno, Takashi*; Saito, Kimiaki

福島第一原子力発電所から80km圏内での2013年から2016年までのKURAMA-IIを用いた歩行サーベイにより、生活環境での空間線量率が測定された。歩行サーベイ測定地点では42ヶ月間に38%にまで線量率が低下した。放射性セシウムの物理半減期による線量率の減少は55%に比べて明らかに早い減少となった。避難指示区域の区分ごとに空間線量率減少を調べた結果、人間生活の活発な地域において減少速度がより早いことが分かった。歩行サーベイにより測定した空間線量率は走行サーベイによる測定結果とよい相関を示しており、道路上の走行サーベイ結果は歩行サーベイによる道路周辺での空間線量率を反映したものとなっている。また、走行サーベイでの100m四方において、歩行サーベイによる空間線量率は大きく変化していることが分かった。歩行サーベイによる測定結果は、走行サーベイと攪乱のない平坦地上での測定結果の中間に位置した。歩行サーベイによる空間線量率は平坦地上での測定結果に比べて減少が早いことが分かった。

Ambient dose equivalent rates in various environments related to human lives were measured by walk surveys using the KURAMA-II systems from 2013 to 2016 around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant. The dose rate of the locations where the walk survey was performed decreased to about 38% of its initial value in the 42 months, which was beyond that attributable to the physical decay. The air dose rates decreased depending on the level of the evacuation areas, and the decrease was slightly larger in populated areas where humans are active. The comparison of walk survey data with car-borne survey data indicated that the air dose rate varies largely even within a 100 m square area. The dose rates measured by the walk surveys were estimated to be medial of those along roads and those of undisturbed flat ground. The air dose rates measured by the walk surveys decreased quickly compared with the air dose rate from the flat ground measurement.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.