検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Review of the performance of a car-borne survey system, KURAMA-II, used to measure the dose rate after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident

東京電力福島第一原子力発電所事故後の線量率測定に用いられた車走行サーベイシステムKURAMA-IIの性能試験に関するレビュー

津田 修一; 谷垣 実*; 吉田 忠義; 斎藤 公明

Tsuda, Shuichi; Tanigaki, Minoru*; Yoshida, Tadayoshi; Saito, Kimiaki

東京電力福島第一原子力発電所事故後、環境中に拡散した放射性同位元素による線量率マッピングを迅速に作成するため、原子力機構は走行サーベイシステムKURAMAを用いた線量率測定を開始した。KURAMAは一般乗用車に多数搭載して、広範囲の空間線量率を詳細かつ短期間に把握することを目的として、京都大学原子炉実験所で開発されたシステムである。継続的な測定データの取得と並行して実施された改良によって、第2世代のKURAMA-IIでは更なる小型化、堅牢性の向上、データ送信の完全自動化等の機能が強化され、広域の詳細な線量率マッピングをより短期間で実施することが可能になった。本報告は、応用物理学会・分科会誌「放射線」の「アンフォールディングとG(E)関数」をテーマとした特集記事として、これまでに実施したKURAMA-IIの放射線特性に関する評価およびシミュレーション解析を総括して報告するものである。

JAEA has started to perform dose rate monitoring using a car-borne survey system KURAMA to rapidly produce the dose rate mappings of the deposited radionuclides in the environment after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident. KURAMA is a car-borne survey system developed by Kyoto University to perform dose rate monitoring in a wide area in detail with rapidity. By improving KURAMA with continuous dose rate monitoring, the 2nd generation of KURAMA (KURAMA-II) succeeded in downsizing, durability and automated transmission of data so that enable detailed dose rate mapping in wide area in shorter period of time. This paper reports the radiation characteristics and the simulation analysis of KURAMA-II on the special issue of Hoshasen, the journal of Ionization Radiation Division in the Japan society of applied physics.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.