検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

レーザー溶融・凝固プロセス計算科学シミュレーションコードSPLICEを用いたレーザー照射加工条件の導出

Provision of laser irradiation conditions for melting and solidification processes using computational science simulation code SPLICE

村松 壽晴

Muramatsu, Toshiharu

本発表では、加工材料にレーザー光が照射されてから加工が完了するまでの複合物理過程を定量的に取扱えるようにするために開発中の計算科学シミュレーションコードSPLICEの概要と各種レーザー加工プロセスへの適用例を実験結果などとともに紹介し、加工プロセスに対する設計空間を可視化することにより、レーザー加工に付随するオーバーヘッドを大幅に低減させ得る方法として、SPLICEコードをディジタルモックアップ装置として利用するフロントローディングに対する実現見通しについて述べる。結果として、レーザー加工プロセス計算科学シミュレーションコードSPLICEによって、設計空間を可視化すると共にレーザー照射条件などの設定の伴うオーバーヘッドを低減させることが可能であることを確認した。更にフロントローディングのためのツールとして、また複合物理過程を定量的に評価し、レーザー加工プロセスを適正化するためのツールとして効果的であるとの見通しを得たことを報告する。

A general-purpose three-dimensional thermohydraulics computer science simulation code SPLICE was developed at JAEA and designed to deal with gas-liquid-solid consolidated incompressible viscous flows with a phase change process in various laser applications. The results obtained from various numerical simulations using the SPLICE code are very encouraging in the sense that the SPLICE code would be used as one of the efficient front-loading tools to reduce overhead loads in laser processing.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.