検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

BNCTの治療効果を細胞レベルの線量分布から予測する

Estimation of the therapeutic effect of BNCT based on the dose distributions in cellular scale

佐藤 達彦

Sato, Tatsuhiko

ホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy: BNCT)の治療効果は薬剤の種類や濃度に依存することが知られていたが、その詳細な依存性やメカニズムは未だ解明されていなかった。そこで原子力機構では、他の研究機関と協力してBNCTの治療効果を細胞レベルでの線量解析結果から推定する新たな数理モデルを構築した。また、そのモデルを用いて、(1)薬剤治療効果比を高めるためには、より細胞核近傍に集積性を持ち細胞間に均一に分布するホウ素薬剤の開発が鍵となること、(2)治療計画を高度化するためには、薬剤治療効果比の吸収線量依存性を考慮することが重要であることを定量的に明らかにした。本稿では、開発した数理モデルの概要と特徴を解説する。

Recently, we proposed a new model for estimating the biological effectiveness for Boron Neutron Capture Therapy (BNCT) based on the absorbed dose distributions in cellular scale. The model quantitatively highlighted the indispensable need to consider the synergetic effect and the dose dependence of the biological effectiveness in the estimate of the therapeutic effect of BNCT. This paper reviews the basic features of the model.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.